小規模個人再生の再生計画案で債権者から反対されたらどうする?

小規模個人再生の再生計画案で債権者から反対されたらどうすればいいのかと思っている人も多いのではないでしょうか。

小規模個人再生は個人再生の債務整理手続き方法の一つになっており、多くの人は個人再生といえば小規模個人再生という感じで利用しています。

この小規模個人再生は手続きの中で、再生計画案を作成することになり、それを債権者に提示して認可を受ける必要があります。

ただもしも小規模個人再生の再生計画案で債権者から反対されてしまい、それが過半数を超えていたり、借金金額に占める割合で過半数を超えていたような場合には再生計画案が否認されてしまって手続きはそこで終わってしまいます

そのためもしも、小規模個人再生の再生計画案で債権者から反対されたら面倒なことになるので、あらかじめ反対しそうな債権者なのかどうかを確認して小規模個人再生を行うことになります。

それもで結局再生計画案が債権者から反対されて否認されてしまった場合には、給与所得者等再生自己破産を利用して手続きしていくことになります。

給与所得者等再生なら再生計画案について債権者から否認されることなく手続きを進められるのでスムーズに手続きが進みます。

まずは弁護士に相談して何が最善の方法はなのか話し合うといいと思います。借金返済できない場合に無料相談を利用した返済のコツを伝授