個人再生を司法書士に依頼するメリットはあるのか

個人再生を司法書士に依頼しようかと検討している人もいるのではないでしょうか。

個人再生は債務整理の中の一つの方法ですが、自己破産の次の借金の減額率が高いので、割と使い勝手がいいと感じてる人も多いのではないでしょうか。

そんな個人再生ですが、弁護士か司法書士のどっちに手続きを依頼したらいいのかと思っている人も多いのではないでしょうか。

基本的にどっちも個人再生の手続きは可能なのですが、司法書士の場合には140万円を超える借金は取り扱えないことになっているので使い勝手が良くないです。

個人再生を利用する人の多くは借金が140万円を超える人がほとんどなのではないでしょうか。

また個人再生を行う際には、過払い金がないのかチェックされるのが通常ですが、この過払い金も140万円以上あるような場合だと、司法書士だと手続きできないので、再度弁護士に依頼することになります。

こうしたことを考えると司法書士に個人再生を依頼するのはメリットが大きくないことが良くわかると思います。

個人再生を司法書士に依頼すると費用が若干弁護士よりも安いですが、そもそも借金の金額が140万円を超えているようだと利用できないので意味ないですよね。

個人再生についてはしっかりと弁護士に依頼して手続きを進めるようにしましょう。自己破産の無料相談弁護士事務所の比較ランキング