どのように遺品整理会社を選ぶといいのでしょうか?

遺品整理業という業種があります。

日本は高齢化社会のまっただ中にあります。

介護ビジネスや高齢化ビジネスが盛んになってきます。

その中で注目されているのがこの遺品整理業という業界です。

近頃は故人が死亡されたあとに実施される遺品整理や片付けは親戚が集まってするよりも、より専門性の高いプロの業者に頼むケースが多くなっています。

ですが問題点がないわけでもありません。

急に伸びてきている業種には悪質業者や悪徳業者も参入してきます。

<遺品整理は儲かる>とバブルのような話をして煽るような人たちがいるのです。

普通の遺品整理会社の場合は一般的なビジネスと変わりはありません。

しかし、メディアが必要以上に情報を盛り上げます。

「高齢者が増える」「介護が増える」「遺品整理が増える」といういう考え方に誘導しているのです。

その結果として新規参入する会社がどんどん増えてきます。

しかし、ノウハウが蓄積している会社ではないのです。

新規参入した会社が老舗の会社と同じように低料金で遺品整理のサービスが提供できるかどうかは疑問です。

新規参入業者は<利益重視の経営>になるのは当然かもしれません。

だから高額な請求金額になるのです。

これが悲しい現実です。

もちろん斬新な発想で1年目から利益を出せる会社ならば成功するでしょう。

ですが一般的には新規参入の会社は利益優先での営業です。

できるだけ老舗の会社を選ぶほうが無難です。

ちなみに遺品整理の業者を選ぶなら遺品整理ネクストがオススメです。

Comments are closed.